Skip to content →

シミのせいで前向きになれない

一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、消すことはとても難しい事だと多くの人が思っているようですが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありないでしょう。

シミなどの肌トラブルは、美容クリニックで使用されているレーザーでの施術を行う事で簡単に消すことが出来るのです。とはいっても、みなさんがご存知のように費用もかかりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、シミのせいで前向きな気持ちになれないのだったらクリニックで専門医からの治療をうけた方が良いかもしれないでしょう。ビタミンCの美白効果をねらって、輪切りのレモンを顔に乗せて、パックとすることが一時期流行っていましたがお肌には悪影響しかないので、今は誰も勧めていないでしょう。レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激をうけると、シミの原因になってしまうのです。美白やシミ予防の効果をレモンから得たいと思うなら、毎日のご飯で、欠かさず食べるようにして下さい。

アンチエイジングでよくあげられるのが「ポリフェノール」でしょう。なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。体にとってはあまりよくない活性酸素のはたらきを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、気持ちをブルーにさせていたシミを改善してくれます。喜ばしいばかりの結果を持たらしてくれる美肌の友ともいえるポリフェノールですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。いつも不足しないように心掛けることが大事です。しごと柄、同業の人たちとスキンケアの話をしていて気づいたことがあります。

それは、肌質がシワに影響するということです。

もち肌みたいに柔らかい肌質は、小皺ができるのが遅いということです。だからといって油断しているとすぐ、目尻や口周りなどにシワが出るので気をつけなければなりないでしょう。

法令線みたいなシワが気になり、炭酸パックを初めました。続けているとわかるのですが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからシワが気にならなくなってきて、びっくりしました。アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、表皮に過度な刺激をかけ続けると、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで影響が出てきます。すなわち、脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)の過剰分泌や乾燥などが起こり、皺の持とになる緩みが生じてみるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のしごとをこなしていたある日の事、何気なくのぞいた鏡を前にして悲鳴を上げそうになりました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どんなに疲れて帰ってきても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、自分の肌を保護しよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために御勧めの食べものです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べるのが御勧めです。かつて一世を風靡したガングロが今再びブーム(日本人は特に流行に踊らされやすい傾向にあるのではないでしょうか)の予感です。一種の主張として定着を見せ初めた感じもしますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。皆様が同じって所以ではないでしょうが、やはりガングロ卒業後にはガングロではなかった人とくらべて多くのシミが生じるように思われます。年齢が進んでくるにつれ、肌も一緒に年をとっている気がします。

目の周囲はとくにそれが出るもの。青黒く見えるくま瞼のゆるみなど加齢の兆候には誰もが不安を感じているはずです。

お肌の弾力性やリフト機能が失われ、年輪が肌に残るようになります。

特に日光が避けられないところである手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわには悩んでいる人も多いようです。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝と呼ばれる線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメが細かくよく整った肌は皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。

Published in シミ