Skip to content →

肌荒れが発生しやすい状況

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。肌表面の模様が整然としている様子を表しています。

整った肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。逆に紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされがちな部分はこの模様が大聞くクッキリしています。肌の一番外側にある表皮の保護機能が弱まってくると真皮へのダメージは不可避です。

真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうとしわが出てくるのは時間の問題です。

もしそうなってしまったら、気づいたときにすぐケアするべきでしょう。

乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、少量の皮脂でもすぐに目詰まりします。

乾燥肌はオイリー肌と同様ニキビが発生しやすい環境なのです。肌の防御システムの機能が低下していますので、外部からの刺激に対し敏感で、肌荒れが発生しやすい状況でもあります。
ホワイトニングスノーセラム

ニキビや肌トラブルを防止するためにも、乾燥肌をケアすることが望まれます。

ファストフードやおやつはオイシイですが、食べ過ぎると皮膚のトラブルの原因になりますよね。

そのような時には食べ物を見直しましょう。お肌のトラブルに効くミラクルな食べ物は納豆であります。納豆が内包するビタミンBが新陳代謝を加速してくれるでしょう。

一日一包納豆を食べて肌トラブルを解消しましょう。

ふと年齢を意識することってありませんか。私が経験したのは20代後半のときです。どうせ遊びに行かないしとスキンケアの手抜きが慢性化していたら、電車の窓に写った自分の顔に強烈なダメージを受けました。

元々笑いシワはあったのですが目尻がなんだかシオシオしていて、いつのまにこんな顔になったー?!と思いました。

CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。そこで発想転換することにしたんです。疲れを翌日にもち越すのはしかたないけど、ずっともち越していたら老けてしまうんです。

しっかりケアして栄養を届けてあげて後々につながる美容を大切にしようと思いました。

こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。食事と美しさは密接に関係していますので、年齢を逆行させる効果のある食品を喫する美しい肌を維持することが可能なんです。大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルトなどの乳製品、赤や紫など色がくっきりしている野菜のトナス、そしてタンパク質をきちんと摂取することでシミなどの色素沈着が生まれつき(生まれた時からという意味ですね)あって、多くの方が悩まされています。生まれつき(生まれた時からという意味ですね)だから治療しても消えないと思っている方が多いのですが、現在の医療はまあまあ進んでおり、個人差はありますが、目立たないくらいに薄くすることは十分出来るでしょう。シミやアザでお悩みの方がいたら、専門の医療機関でカウンセリングを受けてみましょう。それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を治療する前にできるだけ調べてみましょう。基礎化粧品を使用するのはみなさん同じですよねが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使ったほうが良いと考え、最近基礎化粧品を変更しました。やはり年齢にあっている商品のようで、実際使用してみたら肌の色艶やハリなどが全く異なりとても化粧のノリが良く、こんなことならもっと早くに使えば良かったと思っているくらいです。朝はあまたの時間がないので、お肌の手入れの時間が十分ない人も多くあると考えます。一分は朝とても貴重あものです。でも、朝のお肌お手入れをしっかりしていないと、げんきな肌で一日を維持することができません。

一日を楽しいものにするためにも、朝にしっかりとお肌のケアをしましょう。

私立ちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。

毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もそれと伴に機能を弱めてしまうのです。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、シワ、たるみが増えるワケです。健康的な肌を保つためには、禁煙した方がいいと思います。特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませる肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称に好発する、まるでクマのようなシミのことです。

その原因として、女性ホルモンと関係があるのではないかとされており、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。

肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、CMをご覧になった方もいるかも知れませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として開発され、売られています。いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないといえます。

Published in シミ