Skip to content →

シミをコンシーラーで隠す

緑が鮮やかな緑茶は、最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCをしっかり摂取したいので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを防ぐことができます。

シミをコンシーラーでどうにか隠そうとし立ところ、反対に、シミが気になるようになったことはありませんか?ファンデをチョイスする際は、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、コンシーラーを買う時、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがもっと際立ってしまいます。

コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりちょっと暗い色を選ぶのがミソです。

お肌が薄い人は、そうでない人とくらべてシワがたくさんできるという話を、聞いたことはないでしょうか。もしかしたら自分がそうかも知れない、と心当たりのある場合は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。そのため、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。シミのあるお肌って、本当に嫌なものですね。毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液の力を借りています。洗顔後、素肌に最初にたっぷりと与えて、他のスキンケア用品を使います。プラセンタ美容液を使い初めてから、お肌がぐっと透きとおるような質感になり、頑固なシミも徐々に消えてきました。濃いシミが肌にあって目たつので取り除きたい。

そんな時に効果が見込めるのは、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリングと言えます。これらの治療のいい点は効き目がすぐに確認でき、短い治療でシミを消すことができるという点です。皮膚科などに行かないで手軽に直したい場合には、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミに特化した皮膚薬を使用するか、できてしまったシミに効果的な美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品などを使うことでケアできます。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れにあることは知っていますか?その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れであり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特質です。強い紫外線を浴びつづけた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目には肌の乾燥にはとても気を付けています。油断していると乾燥に弱い目の周囲の薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまう事もあるでしょう。

乾燥は軽く考えてはいけません。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは細心の注意を払って行なっている所以ですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用も欠かさなくなりました。お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。お肌のうるおいが保たれていれば肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、きめが整い、肌の奥まで保護されている所以です。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、肌の奥まで紫外線が届きにくくなって、シミも予防できるのです。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように気をつけなければなりません。

ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。笑っていないときでも目尻にシワができていて、ナカナカ消えなくて、むしろ定着している感じで、とても心配です。

肌のお手入れひとつおもったより、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしているので、こういうことになってしまうとは思いませんでした。

目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、しつこいくらいクリームを塗って、重点的に潤いを与えるケアを行っています。年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかも知れません。健やかな肌は睡眠と栄養によって作られています。自分の肌年齢が気になりだしたら、たっぷりの睡眠をとり、食生活を見直してみてちょうだい。食べ物が変わると腸内の菌バランスも良くなり、素肌にちがいが出てきます。表皮ではなく深いところ(真皮)が元気になるので、シミやシワにも良いでしょう。ご飯を変える効果は絶大です。家庭でもできる手軽なエイジングケアだと捉えると、積極的に行えるのではないでしょうか。確実に効果が得られ、つづけやすいという点でこれほど良いものはありません。

Published in シミ