Skip to content →

お肌のコンディションが好調になる

赤ちゃんの肌を守るのも重要なのですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。月経サイクルによる肌の変化は経験していると思いますが、それ以上に大きなホルモン量の変更が起きるため、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。少しの刺激でも肌に強く作用してしまう時期なので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、徹底的に保湿したほうがいいでしょう。また、できるだけ睡眠もとるようにしましょう。疾病予防のために、タバコを止める人が増加していますが、喫煙習慣を断つことというのは、実はお肌にも大変良く、プラスに作用します。喫煙の際、美肌をキープするのには絶対に必要な栄養素として知られる多量のビタミンCを浪費してしまっています。言ってしまえば、喫煙習慣というのは、シミなどのお肌の状態の悪化の引き金になってしまうというわけです。

禁煙したらお肌のコンディションが好調になるというのは禁煙成功者から多く聞かれる声であり、皆さん実感されていることなのです。

私たちがよく口にする珈琲、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、シミの一因になるとも言われています。シミをいろいろな範囲に拡大させてしまったり、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると色素沈着が起こりやすい体質になってしまう訳です。それから、緑茶に含有されるタンニンもシミに悪影響がでやすい成分ですから、シミで困っている方はあまり多くは飲まないようにしましょう。若いうちは肌の回復力が優れています。だからといって、自分の肌は大丈夫!なんてのんびりしていると、数年後にがっかりするかもしれません。

シワの土台は20代からつくられています。ただ年をとるだけでシワができると思っていたらエラーです。反復される乾湿や紫外線など外部刺激をうければ容易に発生します。いま大丈夫だとしても、それは回復力が上回っているからにほすごくません。

実際にはこれから影響が出てくると考えたほうがいいでしょう。

今の自分の肌に満足しているあなたは、5年後、10年後にどんな肌でいたいですか。早いうち(20代)から自分の肌に合ったお手入れをしていくことが、今後の肌を決めるでしょう。秋冬になって乾燥が激しいため、年齢肌ケア用の化粧水に変えました。

やはり年齢肌に特別に合わせた商品ですし、値段も高価なだけあって効きめを実感します。化粧水でも肌がもっちりとしめるので、乳液なども薄くのばすのみでいい感じです。翌日の肌にハリが表れて、ファンデーションも美しくついて十分に感じるので、今後も使用を継続します。

肌荒れは、いつ起こるのか誰にも予想できません。

日々、スキンケアを入念に行ってい立としても、いろいろな原因が元になって肌荒れを起こしてしまいます。それなら、肌荒れが起こった場合の肌手入れは、どうするのが良いのでしょうか?肌荒れの状態では、一切化粧品を使用しないといった人もいますが、保湿はいつもより念入りにする事が重要なのです。強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、肌が薄くなります。

刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護するはたらきがありますが、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。

表皮より下にある真皮層の健康にまで歪みが生じ、代謝機能も変調をきたしてきます。このような状態では脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、張りが失われてたるみやシワができ、肌年齢が進行してしまいます。

たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが重要なのです。基礎化粧品を使用するのは皆さん同じだと思いますが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使ったほうが良いと考え、最近、基礎化粧品を変えることにしました。

やはり年齢相応の商品のようで、使ってみたら肌の色艶やハリなどが全く異なり化粧のノリまでもが違い、こんなことならばもっと早くに使用していればよかっ立と後悔しています。砂糖など、糖質を摂りすぎる方は気をつけて下さい。糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分が体内でタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)と結合すると、全身で老化を引き起こす糖化物質が全身にたまってくるのです。この糖化がお肌のコラーゲン(魚のアラや鶏の皮、豚足、牛すじなどに多く含まれています)に起きると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になりかねません。

しっかりメイクするのも良いが最終的に大切なのは肌がそもそも持っている美し指そう感じます。いつものようにきっちりとしたスキンケアを行い、天然のお肌をよみがえらせいつかありのままの素顔でも人前に出られるほどの自信を持つことを望みます。

Published in オールインワン