Skip to content →

潤いケアをする

素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。だいたいその年代というと、眠っても疲れがとれないようになってきて、口元がさがってきたり、フェイスラインがくずれたりして肌の「疲れ」が目立ってくるからでしょう。それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとゲンキになりました。しかしなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えています。

20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかもしれません。顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、汚れがキレイに落ちて、少しずつシミが気にならなくなってき立との話題がウェブ上で広まっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。

もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けて頂戴。顔を洗ったらローションなどでお肌を整えるようにして、潤いを補充して頂戴。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロほど体重を減らすことができました。只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、なんだか、顏だけでなくあそこらこちらにしわが増えてるように見えます。

しわの急な増加とファスティングが関連があるかどうか確信できませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。

毎日怠らずに紫外線対策やスキンケアをやっていたのに鏡を見てびっくり!顔にシミができてるなんてことがあります。がんばった甲斐がないなぁと思われた方も大勢いるでしょう。

そうなってしまったシミを目たたなくするにはビタミンCの積極的な摂取が欠かせません。

健康にもいいですが、美白のためのビタミンCでもあるためす。毎日のご飯だけではなかなか摂り入れにくいという方はサプリメントを利用するのも一つの手です。たとえば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミはその人の肌の性質によって違います。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌が存在しています。具体的に申しますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌(よく赤ちゃんのような肌と表現されます)です。見分ける方法としては、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。炎症が肌にありますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。たとえば、日焼けです。ひりひり気になるときだけではなく、痛みがなくて、大丈夫そうでも本当は軽い炎症が発生しているといえます。

肌の基礎的なケアとは、紫外線が鍵なのかもしれません。

美しい肌創りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。抗酸化作用が特質のひとつに挙げられます。活性酸素のはたらきを抑えることで、シミ防止にもなりますし、いつの間にかできていたシミをなくしてくれるでしょう。いいこと尽くしの強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。いつも不足しないように心掛けることが大事です。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを与えられることが多いですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安という悩ましい一面があります。

もし、シミとは無縁でいたいなら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。これ以上シミを増やさないために重要な事は、こまめな日焼け止めの塗布です。

アト、自宅に着いたらローションなどで肌が炎症を起こす前にケアすることです。

シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばおそらくパックでしょう。長い一日を終えて、パックで肌を労わってあげる安らぎの時間ですね。

実は、自分で簡単に造れるパックもありますのでご紹介します。市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をしお肌にのせたら少し休みましょう。冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などのはたらきをします。

ですからきっとシワにも効いてくれるはずです。女性の身体は、出産後しばらくの期間、出産前とはホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)が急激に変わったこともあって、身体に多様なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったこともよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるかもしれません。妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産を終えると急激に減ってしまって、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。

Published in 保湿