Skip to content →

化粧水を吸わせてあげる

洗顔を終えた後の10秒間というのはスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、水を撒くたらどんどん吸い込んでいく砂漠みたいな状態にあるのです。この短くても貴重な時間のうちに何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげて欲しいです。

濃いシミが肌にあって目立つので取り除きたい。そんな時に効果があるのは、専門の医療機関でのレーザー治療(様々な用途で使用されていますが、がんの治療でも用いられています)やメディカルピーリングです。これらの治療の利点としては見るからに効き目が分かり、短い治療でシミを消すことができるという点です。自分でシミを消したい場合は、薬局などで販売しているシミ治療薬を飲むか、ホワイトニング効果のあるハイドロキノンが配合された化粧品を使用し、ケアすることが出来るのです。シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥の影響が大きいようです。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も供に流してしまった時などはことさら注意するべきでしょう。肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが最も重要だと考えられています。そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。また、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっているため、しっかり保湿をします。生まれたと聞からお肌にシミや紫斑などがあって、昔から多くの方の悩みの種になっていたものです。

生まれつきだから治療しても消えないと思っている方が多いのですが、皮膚科の最新治療をうければ、全く跡が残らないとは言えなくても、目立たな幾らいに薄くすることは十分出来るのです。

シミやアザなどがあることでコンプレックスを感じる方は、専門医によるカウンセリングをうけるだけでも、治療の可能性がわかってきます。口コミ(参考になることが多いですが、時には役に立たないこともあります)などで、シミなどを消した人の話を治療する前にできるだけ調べてみましょう。女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の多くは加齢が進むと肌のシミ、角質といった悩みが生じてきます。

ごく当たり前の現象ではあるのですが、どうしても見た目の印象としては悪くなりがちです。

とはいっても、お肌のお手入れをしっかりすれば良い方向へと向かう可能性は十分にあります。怠らずに毎日のスキンケアをつづけて、印象の若い美しい肌を再び手に入れたいですね。顔にできるシワやくすみの要因の中で最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。

うるおいが不足してくると細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなります。まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥の影響が表れやすく、シワやヨレが出やすいのです。

加齢で皮膚が薄くなり、コラーゲンやヒアルロン酸等の絶対量も減るため、フェイスラインのくずれなども生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。お肌にできるシミには加齢が原因であったり、紫外線もシミを創る原因の一つですけれど、各種の病気が原因の一つとして考えられるのです。万が一、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、病気の前兆を意味していたり、すでに病気になっている可能性もありますので、早急にクリニックで診て貰うことをお薦めします。

年齢を感じさせない素肌というのはいつも潤っているもの。もしもっとケアしたければ、ケアするタイミングに注意してみてください。

洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの素肌は吸い付くようにしっとりしているでしょう。ゆったり気分になるのも当然です。でも、怖いほど確実に乾燥へと傾いているんです。

乾燥やシワの危険は意外なところに潜んでいるのですね。もともと潤っていたところが急に乾燥すると、表層部分では過剰な反応が起きます。いわゆるシワです。上手に使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、顔を拭いたら時間を置かずに保湿効果のある化粧水などで保水ケアしましょう。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしての働きが弱まり、真皮もその機能を落としてしまいます。そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、シワ、たるみが増えるワケです。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。20代という年齢は、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の肌が大人として完成してくる時期です。そんな時期に「私の肌はだいじょうぶみたい」なんて漠然と思っていませんか。それは危ない考えです。

シワの土台って、20代でつくられるんです。しわは加齢だけで出来るのではありません。乾燥の繰り返しや日光の影響などを強くうけています。表に出ていない現在は幸いと思わなくてはいけません。でも、表皮より深いところでダメージが積み重なっているのです。

30歳の自分がどんな肌でいたいのかをイメージし、アラサーの26歳を迎えたら、積極的なケアをすることが大事です。

Published in メイク