Skip to content →

洗顔は朝と夜の2回する

洗顔は1日に何回するのがベストなのかご存知でしょうか。

正解はずばり、朝と夜の2回です。

これ以上顔を洗うのは肌を弱くしてしまう要因となります。

何回もすればその分汚れが落ちるりゆうではなく、1日2回までとするのがきれいな肌への道に繋がっていくのです。

ヨーグルトがニキビには良くないとのように言われたり、逆に良いとされていますが、このような情報の真偽は定かではございません。

実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、日頃からバランスの良いご飯を心がけるようにすれば、ニキビを予防することへとつながると感じます。例えば、オキシドールを肌のしみ取りに活用するという話を耳にしましたが、傷口を消毒するためのオキシドールです。傷のないきれいな肌に用いるのはすごく重荷になるのではないでしょうか。

他にも、オキシドールを使用して髪の毛のブリーチをした人もいるようですけど、ヘアダメージが一気に進んでしまうでしょう。どう考えても、肌にや指しいとは思えません。

肌年齢は実際年齢と同じだとは限りません。気をつけないでいると一気に老けてしまうので注意して下さい。

加齢による肌の衰えを除くと、素肌年齢を一気に進ませる原因は「紫外線」です。しわの発生を抑えるために日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用して紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。もし長時間日光に当たったらほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウンさせてからクリームや低刺激性の化粧水で充分なうるおいを与え、シワの基になる乾燥を予防しましょう。

シミの発生も抑えるので老け顔のファクターを一掃することで、みずみずしい肌を維持する事が出来るのです。若々しくいたいと思うのは女性であれば程度同意して頂けることだと思います。実年齢にくらべて若く、とまでは言いませんが、予想どおりエイジングケアは注意していたいものです。

古来より、よく活用されてきた馬油は保湿・菌を殺す力に優れ、血の流れを活発にする効果もあり、シミ、シワを消す効能が期待できるらしいです。

少し前に、毛穴の黒ずみ対策として、クレンジングを新しいものに変えました。地中海の泥を使ったクレンジングで、これで丁寧に優しくマッサージをしながら洗顔をすると、毛穴汚れがキレイにしっかり落ちるというものです。持続して使っているうちに、目立っていた黒ずみが減ってきました。そうして、早く顔中の毛穴にある黒ずみをなくしたいと思います。年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。そうは言っても、なんとかして綺麗にしたい女性ならそう思うのではないでしょうか。

私の場合で言うとビタミンC誘導体を最初に導入し、その次には、ハイドロキノンの導入をおこないましたが、結果として満足できず、結局、レチノールを使っている状態です。肌にできたシミと戦うために必要な武器は、レーザー治療が最適なのでしょう。

美肌とウォーキングをすることは全く無関係のように感じられますが、本当は密接関係にあります。

歩くときに姿勢を正しくすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、新陳代謝が活動的になり美肌になることが可能ですし、血圧や血糖値などの成人病にかからないためにも効きます。ニキビを気にしているからといって洗顔をし過ぎてしまうと、本当は必要だった油脂まで落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまうでしょう。

どんなに多く見積もっても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大切なことは洗顔料をしっかりと泡たてて、肌に直に手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔をおこなうこと、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。ドライスキンに悩む方のケア方法としては、化粧水を使ってお肌にしっかり保湿をした後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。

また、中からも、水分を補給することが大切なので、一日で2リットル程度の水を飲向ことにしてみて下さい。

そうやってお肌をしっかりと保湿して、潤いのあるぷりぷりお肌を取り戻しましょう。

Published in 保湿