Skip to content →

便利なオールインワン

アトピーにかかっている場合は乾燥によるかゆみも発症することが少なくありませんから、お肌が弱い人用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いですね。また、軟水で顔を洗ったり、体のケアをするのも良いでしょう。軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、刺激に弱いアトピーの人には適しているのです。

かなり前の話ですが、私が20歳の頃、背中の痒みがひどく見てみると多くの吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)ができていたんです。

すぐに皮膚科にを訪れました。診察をして、先生から、「この状態はニキビです。原因はご飯の偏りなんですが、脂っこいものばかりのご飯になっているんじゃないですか」と通告されてしまいました。

チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。空気の乾燥する、秋冬はもちろん、エアコンがガンガン効いた夏場も肌ダメージがとっても気になるものですよね。しかし、日々のスキンケアは意外に面倒なんです。

その場合に便利なのがオールインワンというものなのです。
コラリッチEX

ここ最近のオールインワンはかなりよく出来ていて、ベタ付きも少なく、保湿の効果も高くて嬉しい限りです。肌を見ると、その人の年齢が何と無くわかる気がします。

肌では中々サバは読めません。わかりやすいのは、目の下でしょう。この部分はシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年を取るに従って、このパーツについてのトラブルに悩む人は多くなっていきます。肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢といっしょになくなると、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

顔に限定しますが、シワの悩みで多い部位は目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といっ立ところでしょうか。

ヨーグルトはニキビに良くないとのように言われたり、逆に良いとされているのですが、その手の情報の真偽は明らかではございません。特定の食品だけに頼っているのではなく、常日頃からバランスのとれたご飯を心がければ、ニキビ予防へとつながると私は思うのです。煎茶や玉露などの緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、ビタミンCとカテキンを同時に摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑制する効果があります。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、巨大なクマやほうれい線が急に顏の中で存在を主張し始める気がするからです。

こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、適切にケアしてやれば次の日の朝にはげんきになってい立と思うのですけど、38歳になって、またそれ以降は肌の調子がもとにもどるのに、少々時間が必要になってきて、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。肌にオキシドールを使用してシミ取りをするなんて話を耳にしたことがありますが、傷を消毒するために開発されたオキシドールを、健康である肌に使用するのは大きなストレスになりそうです。他にも、オキシドールを使用して髪をブリーチした方もいらっしゃるでしょうが、髪に深刻なダメージを与えてしまうでしょう。誰が考えても、肌に良いとは思えないでしょう。ほうれい線を消したいと思った時は、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品を使用するといいでしょう。これには、より肌の細胞を活性化させるはたらきがあると考えられていて、コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)の繊維を増加させるということでかなりしられています。それといっしょに、美顔ローラーでコロコロしてお手入れすると、さらに効果を発揮します。

美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。抗酸化作用が特質のひとつに挙げられます。活性酸素(安定するために周囲の分子から電子を強引に奪ってしまうために、細胞の酸化が起こってしまうのだとか)のはたらきを抑えることで、お肌にシミができるのを防いだり、いつの間にかできていたシミを目たたなくしてくれます。効果としては文句なしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。

Published in オールインワン