Skip to content →

メイクオフする際に

肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、つい、力をぐっとこめてごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!というのが理想的なやり方ですが、うっかり力を入れてケアしています。時節の変化と共に皺は増えていきます。肌の調子が悪いなと思ったら、潤いが持続するパックをすると良いでしょう。

特に目元のシワには効果的です。

お家にあるものでつくれるパックもあります。

無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。仕上がりはユルめです。それを肌に塗ってそれをしばらくして洗い流しますが、石鹸を使わないのが潤い維持のコツです。スキンコンディショナー的な効果があるので肌の弾力を復活させ、シワやたるみのない肌になるようアプローチしてくれます。腸を整えると肌の調子も良くなるので、余ったヨーグルトは新しいうちに食べてしまいましょう。肌トラブルが酷くなり、スキンケアの方法が分からない場合は、まずは皮膚科を訪れ相談しましょう。

荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを場合によって処方してくれます。さらに、早寝はやおきで質の良い睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)を多めにとるようにして、ビタミン、ミネラルを多く含有する食材を積極的に摂るように心掛けましょう。元々、乾燥肌の人は、毛穴が小さく硬いので、ちょっとの皮脂でさえもすぐに目詰まりします。乾燥肌はオイリー肌と同様ニキビができやすいんですね。さらに肌のバリア機能がそのものが低下していることから外部刺激に敏感で、肌トラブルが起きやすい状態でもあります。ニキビや肌トラブルを防止するためにも、保湿の改善が望まれます。

くすみがちな肌はきちんとしたお肌のお手入れによりしっかりキレイに取り除くことが可能です乾燥の影響によるくすみの時は保湿での対策が必要です化粧水のみに頼らず美白効果のあるクリームも試してみましょう古い角質によるくすみにはピーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)での肌ケアが効果的です汚れなどを除去したら入念な保湿ケアを心がける事でくすみが軽減しますニキビができる所以は毛穴に汚れがたまることにより、炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)になってしまうことです。顔に手で触れる癖がある人は辞めましょう。通常手には汚れがたくさんつきまくっていて、その手を顔にもっていくということは顔を汚れまみれにしていることとほとんど同じでしょう。小麦色の肌なら、ゲンキで活発なイメージを演出してくれますが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安と思っている女性も少なくありません。もし、シミとは無縁でいたいなら、ほとんど日焼けをしない生活を目指して頂戴。

シミにさよならするためには、こまめな日焼け止めの塗布です。また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を軽減させる事が重要です。

紫外線はシワの原因となるので、外出する場合には日焼け止め用のクリームを塗ったり、日傘を使うなどしっかりと紫外線対策を行っておきましょう。また、紫外線をたっぷりと浴びてしまった時には、ビタミンCの入った美容液を用いるなどしてスキンケアを行うようにして頂戴。毎日きちんとスキンケアを行っていくことで、しわをきちんと防げます。洗顔後、鏡を見たときにバッドな状態に気づいたら、食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)を工夫してみることも大事です。

基本的には、体に良いものを摂り、悪いものを避けるだけで、素肌にちがいが出てきます。皮膚細胞の再生サイクルが良くなるので、シミやシワの改善に持つながります。

食事を変える効果は絶大です。毎日の食事にはアンチエイジングの基礎としての面があると思うと行動しやすいでしょう。確実に効果が得られ、続けやすいという点でこれほど良いものはありません。しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるというしわ取りテープは、テレビでコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって紹介されていました。

その人も愛用されているようです。顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。

貼りつけている間は引っ張られる感覚があって、効いている気がするのですが、長時間貼り続けていると肌によくないらしく、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。

Published in メイク