Skip to content →

使う前にパッチテストをやる

元々、ニキビができる原因は汚れた毛穴が、炎症が起こってしまうことです。顔に手で触れる癖がある人は気をつけておきましょう。日常生活において手には汚れが数えきれないほどついており、その手を顔に触れているということは汚れを顔にペイントしているのと同じといえるでしょう。基礎化粧品はお肌に直接おつけいただくものですので、その効果ももちろん大切なのですが、素材にもこだわって選びたいものです。

お肌にダメージを与えないためにも、成分や原材料をよく見て、界面活性剤の使われていないもの、出来ましたらオーガニック素材の製品を選びたいものです。

乾燥肌には保湿が重要です。

乾燥肌の人は保湿を体の外からも内からも忘れないで下さい。具体的に体の外からというのは、肌に直接水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)補給をして、保湿、保水をするという意味です。洗顔の時は低刺激の洗顔料を使うか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く表皮に付着した汚れを流すようになさって下さい。洗顔を済ませたら、すぐにお肌をケアすることを忘れないで下さい。肌が敏感な人は、ダブル洗顔のいらないメイク落としなどで洗顔すると、肌に余分な脂が残らずに済みますし、爽快になります。それでもメイク落としと洗顔フォームの両方を使いたい場合には、ぬるいお湯で少し洗い流す程度にしましょう。敏感肌は、肌の状態が変わりやすいので、その変わり方に、状況に合わせて対応していくことが重要なことです。敏感肌だからって、肌手入れに敏感肌用のケア商品を使っていけばいいという訳ではありません。

肌状態は人それぞれ異なりますので、肌が過敏な状態の時には、ぜひ使う前にパッチテストをやるようにして下さい。

それから、肌の潤いを損なわないためにもできるだけ正しい方法で顔を洗うことが重要です。最近では、オールインワン化粧品がすっかりトレンドになりましたね。

その中でもエイジングケア関連のオールインワン化粧品には、各社こぞって力を入れているみたいです。

配合成分は、コラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)、ヒアルロン酸、セラミドなどのような肌の保湿に関連深いものがたくさんありますが、アスタキサンチンが目を引いていることもあり、赤く染まったエイジングケア化粧品がたくさん出てきています。敏感な肌が一度でも合わない化粧品に出会うと、すぐに肌に影響が出てしまうので、困りますよね。特に警戒したいのがエタノール、つまりエチルアルコールです。ニキビ用の化粧品に入っていることが多いのですが、敏感肌にはキツく、かえって悪影響を与える惧れがあります。皮膚科で処方されるとしたら良いですが、一般的に売られている化粧品を購入される時は警戒して下さい。
ホワイトニングアイクリーム

毛穴のお手入れに大切なのは肌の保湿を念入りに行なうことです。

肌の潤いが保てないとと肌がざらざらした感じになってきます。お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切です。空気をたくさん含ませた泡で、そっと洗います。

なおかつ、週に1、2度、ピーリングをするとスキンのリペアを促進します。以後、保湿ケアをおこない、毛穴を整える毛穴のお手入れをして下さい。シワの原因の一つに紫外線があるので、外へ出る際は日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘(紫外線対策の一つとして特に女性がさしていることが多いです)を指してガードするなど紫外線対策をしっかりとおこないましょう。

また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの美容液等を肌に塗るなどしてスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)を行なうようにして下さい。

毎日しっかりとスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)を行っていくことで、シワをきっちりと予防することが出来るのです。シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングして下さい。クレンジングをしないと、表皮にダメージを与えてしまい、シワが発生しやすくなります。

また、顔を洗う場合には、洗顔をきっちりと泡たてて、できるだけ丁寧にく洗顔を行なうようにして下さい。乱暴な洗顔や、肌荒れといったことが、シワの発生に繋がってしまいます。

Published in シミ