Skip to content →

肌の水分を保つことがとても大事

アンチエイジングのためには自分の肌に合った化粧水をチョイスすべきだと思われます。

色々と迷ってしまう場合は、店内の美容スタッフに相談してみてもいい方法だと思います。

自分ではナカナカ決心つかない時には頻繁に利用しています。

毛穴などが目たたないきれいな肌を保つには肌の水分を保つことがとても大事になります。

特に乾燥しやすい肌の方は毎日使う化粧水などは保湿を重視したタイプを選んで肌の潤いを無くさないようにしてあげましょう。汚れをのこさないようにきちんと洗顔をしたらすぐに化粧水で保湿して、それから乳液やクリームをつけて保湿して下さい。敏感肌であれば乾燥肌でもあることがほとんどであるくらい敏感肌と乾燥肌の関連性は深いものだといえます。

乾燥肌へ肌の状態が変わってしまうと、少しの刺激を受け立としても、過剰な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌のトラブルに結びついてしまいがちになります。
アスタレチノV

これは、乾燥によって肌表面の角質層が薄まり、外部から、刺激を肌が内側まで通しやすくなっているのがその要因なのです。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表層がだんだん薄くなってきます。もちろん、良い状態ではありません。表皮に過度な刺激をかけ続けると、表皮の下にある真皮に深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。真皮にまで影響が及ぶとお肌のリフティング性能が落ちるので皺の元になる緩みが生じて老けた表情になってしまうのです。お茶には多彩な種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCが体内で有効にはたらくようにしています。いつまでも色白のお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂取することが可能なので、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを予防してくれるのです。美しい肌の秘密をズバリ言うと、肌の水分をどれくらい保つかといえると思います。

水分量が豊富ならば最高の肌触りのハリのある肌になります。水分は気を付けていないとあっという間に蒸発してしまいます。

あまたの化粧水でお肌を潤したら、馬油クリームで十分に膜を作ってあげるのが一番です。

ほっぺたの毛穴の開きが歳をとるにつれてひどさを増してきました。まっすぐ自分の顔を見た際に、毛穴の開きが目たつようになってしまったのです。イチゴ毛穴を埋めたい、小さくしたいと思い、毎日のケアを行っています。洗顔後に冷たい収斂化粧水で、パッティングをするのですが、少し引き締まってきたように感じられます。熱いお湯で洗顔すると肌に大事な皮脂まで落ちますし、洗えてない部分があると肌の乾燥やニキビなどの肌トラブルを招くので肝に銘じておく必要があるのです。洗顔したら、急いでたっぷりの化粧水を優しく皮膚に押しあてるように付け、水分の蒸発を防止する為に必ず乳液を塗ってください。

より乾燥が気になる目もと口元は、気持ち多めに化粧品を使うようにします。

お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌のためにも役にたちます。日本酒の酒粕はパック(包むことや包みを指すこともありますが、美容用語の一つでもあります)として使えます。くすみを軽減すると言われています。酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、柔らかくするために少量の水を加え、すりつぶして固まりが残らないようにします。自分の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パック(包むことや包みを指すこともありますが、美容用語の一つでもあります)です。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。気温が高く、湿度も高い。

そんな環境では、私達の肌の常在菌も増えるのが当然でしょう。マラセチア菌(真菌)がもととなる皮膚病に「でん風」というものがありますが、これは顔、腕、足、お腹、背中。つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。でん風は、茶色くて、一瞬、シミかな?と思うものや、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。

違和感を感じるようなシミを見つけたら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。

Published in アンチエイジング