Skip to content →

カテゴリー: シミ

くすみやシミを引き起こしてしまう

一日最低2リットルの水を飲むことが健康な身体を造るとされているんです。もちろん、お肌にも水分補給は必要です。水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物や有害物質がたまることでくすみやシミを引き起こしてしまいます。また、水分不足は乾燥肌の原因となり、顔全体にシワが増えて増えて目立ってきます。

水分不足にはくれぐれも気をつけて下さい。入社三年目位までは若いというだけで食事に誘われていたものですが、アラサーってダメですよね。

早く退社した日に買物に行って、店頭の鏡を見立ときにがっかりしてしまいました。肩こりもひどかったので血行が悪かったのでしょう。すごいクマで(私は地黒なのでパンダかも)、徹夜ですかときかれそうなくらいでした。

CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。そこで発想転換することにしたんです。

疲れを翌日に持ち越すのはしかたないけど、ずっと持ち越していたら老けてしまうんです。

いままで省いていたのは心と肌のハリを取り戻すための時間。きちんとメンテしてあげて、十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと思うようになりました。アラフォーでも一番若い36歳を過ぎたころからでしょうか。老けてみえる人が増えてきます。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みなさん何と無く分かっているはずです。加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるからでしょう。もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。でも、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も多いのです。抜本的な解決策が必要ですよね。

保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミのできにくい肌だといえます。肌全体の水分が十分保たれ、潤っていると水分と油分がバランス良く保持されていて、きめが整い、肌の奥まで保護されている理由です。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)によるダメージを減らすことが出来てメラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。

シミを防ぐためにも、肌の乾燥には油断しないでください。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージをもつものではありますけど、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると考える女性も多いでしょう。シミを避けるのだったら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。これ以上シミを増やさないために重要な事は、こまめな日焼け止めの塗布です。また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、肌が炎症を起こす前にケアすることです。

シミが目立ってきたか持と思ったら、はじめに日頃のスキンケアによって気になるシミを目立たなくしたいと思いますよね。しかし、それでは解決しない時はレーザー等を用いてシミを消す治療法もあります。フェイシャルエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)をおこなうサロンでは特殊な光線によって、シミのケアをしているおみせも少なくありませんが、病院の皮膚科で診て貰えば、レーザー治療という手段によりシミを撃退出来るでしょう。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメが細かくよく整った肌は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、身体の表面を覆う表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを造ります。

エステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)でもシミやソバカスを目立たなくしたり、なくすというフェイシャルコースを設けているおみせがあります。

カバー力のあるファンデーションを使ってもシミなどのカバーには手間がかかり、隠すのに必死でファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうということも起こりがちです。エステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)はそんな悩みを解消してくれるので、素顔でも自信を持って人前に出られるように変われるようになります。

生まれつきや幼い頃から、シミやアザなどがお肌にあり、気にしている方をよく見かけます。

小さい頃に、治ることはないと診断をうけたかもしれませんが、最新の医療をうければ、完全に消えないケースもあるものの、明らかな色素沈着や盛り上がりはなくすことができます。

顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、どこの医療機関でも相談をうけ付けているので、カウンセリングをうけてみて下さい。

口コミなどで、シミなどを消した人の話を治療に役たててください。

日傘に日焼け止めとちゃんとUV対策とスキンケアをしていたのに頬に目たつシミが出来てしまうってことありますよね。このようながっかりした経験をお持ちの方も少なからずいらっしゃるでしょう。あきらめずにシミを改善していくには効果があると言われているビタミンCをどんどん摂ることです。ビタミンCを摂取することによってシミは改善されていきます。毎日食べたり飲んだりするだけではビタミンCは摂りづらい。

そんな場合はビタミンCのサプリを飲むのも一つの手です。

Comments closed

シミをコンシーラーで隠す

緑が鮮やかな緑茶は、最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCをしっかり摂取したいので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを防ぐことができます。

シミをコンシーラーでどうにか隠そうとし立ところ、反対に、シミが気になるようになったことはありませんか?ファンデをチョイスする際は、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、コンシーラーを買う時、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがもっと際立ってしまいます。

コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりちょっと暗い色を選ぶのがミソです。

お肌が薄い人は、そうでない人とくらべてシワがたくさんできるという話を、聞いたことはないでしょうか。もしかしたら自分がそうかも知れない、と心当たりのある場合は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。そのため、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。シミのあるお肌って、本当に嫌なものですね。毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液の力を借りています。洗顔後、素肌に最初にたっぷりと与えて、他のスキンケア用品を使います。プラセンタ美容液を使い初めてから、お肌がぐっと透きとおるような質感になり、頑固なシミも徐々に消えてきました。濃いシミが肌にあって目たつので取り除きたい。

そんな時に効果が見込めるのは、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリングと言えます。これらの治療のいい点は効き目がすぐに確認でき、短い治療でシミを消すことができるという点です。皮膚科などに行かないで手軽に直したい場合には、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミに特化した皮膚薬を使用するか、できてしまったシミに効果的な美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品などを使うことでケアできます。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れにあることは知っていますか?その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れであり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特質です。強い紫外線を浴びつづけた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目には肌の乾燥にはとても気を付けています。油断していると乾燥に弱い目の周囲の薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまう事もあるでしょう。

乾燥は軽く考えてはいけません。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは細心の注意を払って行なっている所以ですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用も欠かさなくなりました。お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。お肌のうるおいが保たれていれば肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、きめが整い、肌の奥まで保護されている所以です。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、肌の奥まで紫外線が届きにくくなって、シミも予防できるのです。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように気をつけなければなりません。

ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。笑っていないときでも目尻にシワができていて、ナカナカ消えなくて、むしろ定着している感じで、とても心配です。

肌のお手入れひとつおもったより、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしているので、こういうことになってしまうとは思いませんでした。

目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、しつこいくらいクリームを塗って、重点的に潤いを与えるケアを行っています。年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかも知れません。健やかな肌は睡眠と栄養によって作られています。自分の肌年齢が気になりだしたら、たっぷりの睡眠をとり、食生活を見直してみてちょうだい。食べ物が変わると腸内の菌バランスも良くなり、素肌にちがいが出てきます。表皮ではなく深いところ(真皮)が元気になるので、シミやシワにも良いでしょう。ご飯を変える効果は絶大です。家庭でもできる手軽なエイジングケアだと捉えると、積極的に行えるのではないでしょうか。確実に効果が得られ、つづけやすいという点でこれほど良いものはありません。

Comments closed

シミのせいで前向きになれない

一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、消すことはとても難しい事だと多くの人が思っているようですが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありないでしょう。

シミなどの肌トラブルは、美容クリニックで使用されているレーザーでの施術を行う事で簡単に消すことが出来るのです。とはいっても、みなさんがご存知のように費用もかかりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、シミのせいで前向きな気持ちになれないのだったらクリニックで専門医からの治療をうけた方が良いかもしれないでしょう。ビタミンCの美白効果をねらって、輪切りのレモンを顔に乗せて、パックとすることが一時期流行っていましたがお肌には悪影響しかないので、今は誰も勧めていないでしょう。レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激をうけると、シミの原因になってしまうのです。美白やシミ予防の効果をレモンから得たいと思うなら、毎日のご飯で、欠かさず食べるようにして下さい。

アンチエイジングでよくあげられるのが「ポリフェノール」でしょう。なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。体にとってはあまりよくない活性酸素のはたらきを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、気持ちをブルーにさせていたシミを改善してくれます。喜ばしいばかりの結果を持たらしてくれる美肌の友ともいえるポリフェノールですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。いつも不足しないように心掛けることが大事です。しごと柄、同業の人たちとスキンケアの話をしていて気づいたことがあります。

それは、肌質がシワに影響するということです。

もち肌みたいに柔らかい肌質は、小皺ができるのが遅いということです。だからといって油断しているとすぐ、目尻や口周りなどにシワが出るので気をつけなければなりないでしょう。

法令線みたいなシワが気になり、炭酸パックを初めました。続けているとわかるのですが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからシワが気にならなくなってきて、びっくりしました。アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、表皮に過度な刺激をかけ続けると、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで影響が出てきます。すなわち、脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)の過剰分泌や乾燥などが起こり、皺の持とになる緩みが生じてみるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のしごとをこなしていたある日の事、何気なくのぞいた鏡を前にして悲鳴を上げそうになりました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どんなに疲れて帰ってきても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、自分の肌を保護しよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために御勧めの食べものです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べるのが御勧めです。かつて一世を風靡したガングロが今再びブーム(日本人は特に流行に踊らされやすい傾向にあるのではないでしょうか)の予感です。一種の主張として定着を見せ初めた感じもしますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。皆様が同じって所以ではないでしょうが、やはりガングロ卒業後にはガングロではなかった人とくらべて多くのシミが生じるように思われます。年齢が進んでくるにつれ、肌も一緒に年をとっている気がします。

目の周囲はとくにそれが出るもの。青黒く見えるくま瞼のゆるみなど加齢の兆候には誰もが不安を感じているはずです。

お肌の弾力性やリフト機能が失われ、年輪が肌に残るようになります。

特に日光が避けられないところである手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわには悩んでいる人も多いようです。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝と呼ばれる線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメが細かくよく整った肌は皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。

Comments closed